認知行動療法

ACTモデル

ACT:認知行動療法

認知行動療法にACTという手法があります。

ACTとは、acceptance and commitment therapy(アクセプタンス&コミットメント・セラピー)の略称で、「アクト」と発音されています。

簡単に言うと、自分の負の感情を受け入れ(Accept)、今、ここにある自分をきちんと感じ(mindful)、自分の価値観を明らかにしたうえで行動の指針に沿うことを決定(commit)し、生活していくというものです。

負の感情を理論で修正しようとする初期の認知行動療法に対して、負の感情をまず受け入れることが大切としているACTは、コーチングに近い概念を感じます。

知覚・信頼・選択

テニスインナー・ゲームで有名なティモシー・ガルウェイは、コーチング法を3つのシンプルな言葉に集約してます。
「知覚」「信頼」「選択」です。

□ 知覚
ガルウェイがテニスのコーチをする際に、「知覚力の自修作用」を活用していました。

例えばバックハンドが苦手な選手に、「それを直すのはしばらくお預けにして、飛んでくるボールを観察してみよう」「ラケットがボールを打つ瞬間、ボールは上昇中なのか、水平飛行なのか、下降中なのか、見極めて欲しい」。

選手がボールを観察することに集中すると、それまでの技術的な問題がたちどころに消えていったそうです。
つまり観察に集中することで「ありのままに見る(指示や評価する自分を忘れる)」ことができ、自然に課題が修正されていきます。
これを「知覚の自修作用」と言います。

□ 信頼
無意識の自動運転」でお伝えしたように、人間の無意識には最高の力があり「叡智」に繋がっています。
「信頼」というのは、「私の中にこの無意識があること」、「私(意識)は、この局面で無意識を選択できる」ことに対する信頼です。
※無意識の自動運転:https://adpa.site/psychology/unconscious/unconscious-automatic-driving/

□ 選択
ガルウェイもテニスの指導方法が「教える」から「考えてもらう」に変わりました。
人間は他者から強制されるより、自分で選んだことの方に興味・関心があり、集中できます。高い集中状態の時に最高の力が発揮できます。
コーチングで、クライアントに選択してもらう方法をとるのはこのためです。

ACT:コーチング

ACTモデルNLPのトレーナーである山崎啓支氏も、自身のプログラムの中で「知覚」「信頼」「選択」を強調し、コーチングには「無意識の自動運転」が欠かせない、と述べています。

また、アドラー派のコーチである宮越大樹氏は、コーチングのACTモデルとして、次のような定義をしています。

A = Awareness:観察
C = Choice:選択
T = Trust:信頼

知覚と観察との言葉の違いはありますが、コーチングにおいて大切な3要素として覚えておくと良いでしょう。

以下、主に対人支援の立場で説明しますが、自分自身に対する見方も同様の考え方です。

観察・選択・信頼

観察・選択・信頼□ 観察
相手の状況を先入観なく観察することです。

もし出来事に対して「上手くいった」とか「失敗した」などの表現があっても、その見方とは別に、実際何があったのか現場検証するようなつもりで丁寧に聴きます。

例えば、以下のポイントを確認します。

  • 何を
  • どういう環境・関係性の中で
  • どういうやり方で
  • 行った結果、どうなったのか

さらに大切なのは、「それに対してどう思ったのか」「何を感じたのか」を聴きながら、相手の中で何が起こっているのかをコーチが感じ取ることです。

□ 選択
「観察」を踏まえて、次は何をするのか選択していくことです。

行動や出来事の結果、上手くいってもいかなくても、観察することによって得られる気づきや学びがあります。学んだ結果、次の行動への選択肢が増え、確実に成長に繋がります。

「観察」→次の行動を「選択」→その結果を「観察」→次の行動を「選択」…。
このサイクルを回していきます。

□ 信頼
目の前にいる相手は「必ず出来るようになっている」と信頼することです。
また、自分に対しては「絶対必要な対応が出来る」と信頼することです。
つまり「無意識を信頼する」ということです。

そもそも人間が「これをやりたい」と感じていることは、潜在的に「できる」と信じているからだと言われています。
また、全ての出来事には必ず目的があり、その背景には必ず「肯定的な意図」があります。

「観察」し「選択」するためには「信頼」の土台が必要です。
相手も自分も信頼し、「観察」「選択」を繰り返すことによって、目的地に近づいていきます。

GACTモデル

GACTモデルACTモデルが必要な理由は、求めているゴール(目的)があるからです。

やりたい事、なりたい状態、手に入れたいもの等のゴールに対して、今の状況を「観察」し、何をしたらゴールに近づくのか「選択」します。

そしてこれをする上で大切な要素が、ゴールに到達できることを「信頼」していることです。

ゴール=Gをプラスして「GACTモデル」と覚えても良いでしょう。

関連記事

  1. 次女が不登校から立ち直る

    次女が不登校から立ち直る

  2. 共感

    共感

  3. 子供

    劣等感

  4. 新型コロナウイルス

    ピンチはチャンス

  5. 信念(ビリーフ)

    信念

  6. アサーション

    アサーション

  7. 人生の主人公

    人生の主人公として生きる

  8. ステートをコントロールする

    原因論と目的論

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. コーチング超入門セミナー
  2. コーチの仕事
  3. レストラン

    2020.06.27

    メタモデル
  4. 意図の設定

    2020.05.23

    意図の設定
  5. 新型コロナウイルス
  1. 無意識の自動運転
  2. 傾聴のスキル
  3. ステートをコントロールする
  4. ニューロ・ロジカル・レベル
  5. 共感

    2019.05.3

    共感