人生の主人公

人生の主人公として生きる

コーチングの始まり

インナーゲームコーチング誕生の経緯には諸説ありますが、1974年にテニスコーチだった米国のティモシー・ガルウェイが出版した「インナーゲーム」という本がコーチング誕生のきっかけであると言われています。

「インナーゲーム」とは、テニスプレイヤーが体を使って実際に行うアウターゲームに対して、プレイヤーの心の中で行われるもう一つのゲームのことです。
「インナーゲームに勝つことが、実際の勝負に勝つ近道である」とガルウェイは述べています。これがビジネスの世界に持ち込まれたことでコーチングが始まったと言われています。

コーチングとは何か

コーチングを改めて定義してみると「相手の潜在能力を引き出し、自発的な行動を促すためのコミュニケーションスキル」と表現することができます。

コーチが何かを教えたり、アドバイスするのではなく、あくまでもクライアントの中に潜む能力やアイデアを引き出してあげること、本人がそれに気づくようにサポートするスキルがコーチングです。

コーチングの効果

人生の主人公コーチングによって「悩みが解消した」「夢や目標が達成した」等の効果は勿論あります。

しかしADPAの目指すコーチングの最終目的は、誰もが「人生の主人公」として生きることができるようになることです。
他人の考えや価値観に振り回されて生きていると、自分が無力な存在に思えたり、思い通りにならないと被害者のように感じることがあります。

不平不満や愚痴をこぼすのは他人の人生の脇役だからです。
コーチングを受けることで、自発的に考えて主体的に物事に取り組む習慣が身に付けば、被害者ではなく人生の主人公として生きることができるようになります。
上手くいかないことがあっても、それは学びと成長であって失敗ではありません。
「人生の主人公」になることで、自分らしく人生を楽しみ、最も幸せな生き方を選択することが可能になります。

写真:Luxt Design

関連記事

  1. 不登校からの脱出

    不登校からの脱出

  2. 感情

    感情

  3. 次女が不登校から立ち直る

    次女が不登校から立ち直る

  4. 祈り

    思いは伝わる

  5. 信念(ビリーフ)

    信念

  6. 子供

    劣等感

  7. 質問と気づき

    質問と気づき

  8. 本当の目的を知る

    原因論と目的論

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。